「電話リレーサービス制度」の開始について

お客様各位

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する
法律(令和 2 年法律第 53 号)に基づき、
聴覚や発話に障害のある方が電話リレーサービス提供機関である
「(一財)日本財団電話リレーサービス」の手話通訳オペレータ等を
介して電話をかけることにより、通話の相手方との意思疎通を可能とする
「電話リレーサービス」が制度化され、2021 年 7 月 1 日よりサービスが
開始となりますので、ご案内させていただきます。

<電話リレーサービス制度について>

「電話リレーサービス」は、
手話通訳者などがオペレータとして聴覚や発話に障がいのある方による
手話・文字を通訳し、電話をかけることにより、聴覚や発話に
障がいのある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介することで
支障を解決するサービスです。
(公共のサービスであり、弊社が提供するサービスではありません)
「電話リレーサービス」を提供する「電話リレーサービス提供機関」に
交付する交付金を電話会社全体で応分に負担することによって
「電話リレーサービス」の提供を確保する「電話リレーサービス制度」が
法令により新たに創設されました。

<電話リレーサービスについての当社の対応について>

当社は、上記法令で定められた事業者による負担額について、
現行のユニバーサルサービス料金同様に、お客さまにご負担を
お願いすることといたしました。お客さまにおかれましては、
電話リレーサービス制度についてご理解いただき、
ご協力を賜りたく宜しくお願い申し上げます。

対象となるサービスの電気通信番号単位に、
本年度は 2021 年 7 月利用分より毎月 1 円(税込 1.1円)を
2022 年 1 月まで 7 か月間、合計 7 円(税込み 7.7 円)を
請求させて頂く予定です。請求書上には「電話リレーサービス料」と
記載をする予定です。

サービス詳細につきましては総務省ホームページをご覧ください。

総務省ホームページ:https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/telephonerelay/index.html